EDの原因

EDの原因

EDはこれまでは加齢が原因と考えられていましたが、最近は20代や30代の若い方でも発症している方が多く、年齢に関係なく、いつ誰がなってもおかしくない病気です。主な原因はどのようなものがあるのでしょうか?

器質性ED

肉体的な原因で発症します。血管や神経の障害、陰茎の外傷などで勃起ができなくなってしまったり、心臓、血管の病気、糖尿病、高血圧症、前立腺手術後、脊髄損傷などがあります。それ以外に加齢によるものや生活習慣病が原因となる場合もあります。器質性の場合は朝立ちをしない場合が多く、自慰でも反応しないというケースが多いようです。

心因性ED

心因性ED

精神的な原因で発症します。性行為に対する過去のトラウマ、プレッシャー、焦りや緊張、パートナーとの関係性などがあります。またそれ以外に現実の仕事、家庭、人間関係、金銭問題などの現実的なストレスが原因である場合があります。男性は非常に繊細なので、気がかりな事があるとうまく勃起できないケースがあります。これらの本人も自覚していて、現実の問題が原因である場合は現実心因と呼ばれ、悩みが解消されればEDも改善される事が多いです。一方、深層心因と言われるものがあります。これは、自覚がない場合が多く、現在ではなく過去の何らかの出来事がトラウマとなっていたり、本人も気づいていない近親相姦や同性愛などの特殊な性癖が原因となっています。深層心因の場合は本人の自覚がないだけに原因解明が難しく、時間がかかります。治療にも専門の心理療法が必要になります。

薬剤性ED

服用している薬の副作用が原因で発症します。降圧剤、抗うつ剤や向精神薬、SSRIなどの神経に作用する薬はEDになる副作用があるものが多いとされています。薬の服用を急にやめては危険な場合があるので、医師に他の薬に変更できないかなど相談してみましょう。

混合性ED

混合性ED

上記の原因が複数混合されて発症している事を指します。糖尿病になってしまってその事で悩んでしまい、器質性と心因性の両方が原因となってしまいます。ED患者の方は、この混合性が一番多いと言われています。

多くの原因の場合、バイアグラなどのED治療薬は大変高い効果を発揮します。今は通販で簡単に秘密で安く購入する事ができるので、悩んでいる方は試してみましょう。

バイアグラの通販