バイアグラの併用禁忌薬

バイアグラの併用禁忌薬

バイアグラは正しく服用すれば重篤な健康被害が起こるような事はまずありません。ただし、服用している薬によっては命にかかわる危険もあります。かつてバイアグラを服用した事による死亡事故が報道されましたが、殆どが併用禁忌とされている薬と一緒に服用してしまった事によって起こったものです。服用している薬がある方は、特に注意をするようにしましょう。

バイアグラと併用が禁止されている薬は以下の通りです。

硝酸剤や一酸化窒素(NO)供与剤

・ニトログリセリン(ニトロペン、ミオコール、ニトロダーム、ミリスロールなど)
・硝酸イソソルビド(フランドル、ニトロールなど)
・一硝酸イソソルビド(アイトロール、タイシロールなど)
・ニコランジル(シグマート、ニコランマートなど)
・ニプラジロール(ハイパジールコーワなど)
・ニトロプルシド(ニトプロなど)
・亜硝酸アミル(亜硝酸アミルなど)

併用すると、降圧作用を増強することがあるので大変危険ですので、絶対に禁止です。

抗不整脈薬

・塩酸アミオダロン(アミオダロン、アンカロンなど)
塩酸アミオダロンによるQTc延長作用が増強する危険がありますので、こちらも絶対に禁止されています。

抗不整脈薬

それ以外に、併用注意とされている薬もあります。併用禁忌とは異なって、絶対に併用してはならないというわけではありません。使用上の注意に気をつければ、ほとんどは問題なく使用出来ると言われていますが、気をつけるようにしましょう。使用注意とされているのは以下の薬です。

・抗エイズウイルス剤
・抗真菌薬(水虫・カンジダ症)
・α遮断薬(高血圧・前立腺肥大)
・降圧剤
・急性心不全治療剤
・抗結核剤・抗てんかん薬
・CYP3A誘導剤

薬以外

また、薬以外にもグレープフルーツやグレープフルーツジュースは血中濃度が高くなりすぎてしまうと言われているので、避けるようにしましょう。できれば服用する日がわかっている場合、前日から避けた方がいいとされています。服用している薬があって心配な方は、事前に医師に相談するようにしましょう。

バイアグラの通販