ジェネリックとは

ジェネリックとは

ED治療薬は保険が適用されない為、病院で処方してもらうと高額になってしまいます。自由診療となるので価格は病院によってマチマチですが、バイアグラレビトラ約1500円シアリス約2000円となります。臨床試験で効果を実証された信頼性のある医薬品ですが、性交のたびに利用していたのでは大きな出費になってしまいます。そこでお勧めなのがジェネリックを利用する事です。

ジェネリックは日本でもかなり普及してきましたが、他の先進諸国に比べると低い割合です。欧米では70%以上の国が多いのですが、日本は50%台と言われています。少子高齢化に伴い医療費の削減のため、国は平成32年度までに80%以上にするという目標を掲げています。これからますます普及していくと考えられています。

ジェネリックが安い理由

ジェネリックが安い理由

ジェネリックは、先発薬の特許が切れた後に販売される後発薬の事です。既に安全性が確認されている成分なので、開発費や時間がそれほどかかりません。その為、先発薬の7割から2割程度の格安の価格で購入する事ができます。薬の特許は約20年なので、一般的には販売されたばかりの薬のジェネリックは販売できません。

インドのジェネリック

ですが、インドは薬事法が異なり、実質的に販売された直後のジェネリックも販売できるようになっています。インドの薬の品質は世界トップクラスとも言われています。発展途上国や国境なき医師団などでも多く活用されており、とくにHIVの治療薬などは重宝されています。インドのジェネリックがなければ発展途上国の多くの方の命を救う事ができないとされていて、非常に信頼性の高い薬です。

インドのジェネリック

ED治療薬にもジェネリックがあり、たとえばバイアグラのジェネリックのカマグラ400円前後、レビトラのジェネリックのバリフ170円前後、シアリスのジェネリックのタダシップ400円前後と大変お得になっています。これらのジェネリックは日本では販売していないので、購入するには通販を利用しましょう。

バイアグラの通販