バイアグラの副作用

バイアグラの副作用

バイアグラは医薬品である以上、副作用がある場合があります。特に、欧米人向けに作られている薬なので、体型の小さい日本人が飲むと副作用が強く出てしまう場合もあります。気になる方は、初めて服用する場合は、ピルカッターで半分か4分の1に割ってから服用するのもお勧めです。主な副作用は下記のようなものになります。

・顔のほてり
・動悸
・頭痛
・消化不良
・口の渇き
・鼻づまり
・眼の充血

などです。バイアグラは血管を拡張する作用があり、これは体全体に作用する為、副作用として現れる事があります。また、稀に視覚障害や光過敏性の増加が起こる事があります。ものが青く見えたり(青視症)、光に過敏になってしまう場合もあります。このような症状が現れた場合は、念のため車の運転などは控えるようにしましょう。

バイアグラの副作用2

いずれも効果が切れれば副作用も治まりますので体内に残る事はないので、気にするほどの事ではありません。市販の頭痛薬や点鼻薬などと併用する事も可能なので、気になる場合は利用しましょう。ただし副作用が長く続いたり、ひどい場合には医師に相談しましょう。

それ以外に、頻脈、めまい、AST(GOT)増加、吐き気、腹痛、関節痛、筋肉痛、発疹、CK(CPK)増加などの報告もありますが、ごく稀です。めまいなどを感じた場合も、運転などは控えるようにしましょう。

ED治療薬は他にもレビトラシアリスがあります。副作用の出方には個人差があり、バイアグラでは副作用が強かったもののシアリスはあまりなかったという方や、その逆の方もいらっしゃいます。副作用が強かった場合は、他の薬を試してみるのもお勧めです。また、ジェネリックも数多くあります。バイアグラでは副作用が強くてもジェネリックのカマグラでは副作用があまりなかったという方もいらっしゃいます。ジェネリックなら価格も安くなりますのでお勧めです。ジェネリックは通販で簡単に購入する事ができます。色々な種類があるので、是非ご自分にあっているものを探してみましょう。

バイアグラの通販